「夏の犬の散歩」暑さ・熱中症対策!ちゃんとできてますか?|【ペトマ】Pet my family
ペットのこと
PR

「夏の犬の散歩」暑さ・熱中症対策!ちゃんとできてますか?

nokura
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

夏の暑い日々が続いていますね!飼い主のみなさんは夏の犬の散歩はどうしていますか?

ちゃんと犬の気持ちを考えて熱中症対策できていますか?

スポンサーリンク

夏の犬の散歩の危険性

私たち人間でさえ夏の暑さにやられて体調を崩してしまうのに、私たちより体が小さく地面からも距離が近い犬にとって、夏の散歩はしっかりと注意を払っていないと、とても危険です!

夏の散歩の危険性

ではさっそく、夏の散歩にはどんな危険性があるのか見ていきましょう!

  • 肉球が火傷で傷つく
  • 熱中症になる

肉球が火傷で傷つく

温度が50~60度近くに上昇した昼間のアスファルトやコンクリートの上をワンちゃんが歩くと肉球の火傷を引き起こして傷ついてしまう可能性があります!

熱中症になる

犬は人間よりも地面との距離が近いので、照り返しの熱気を受けやすいんです。また、犬は人間のように汗を上手くかくことができません。主に口を開けてハァハァと呼吸をする(パンティング)ことでしか体外に熱を放出することができません。 そのため、体に熱が溜まりやすく、人間より熱中症にかかりやすいんです

メダカと暮らす人
メダカと暮らす人

夏の散歩にこんなに危険なことがあるなんて知りませんでした…

熱中症になりやすい犬種

実は、犬の中でも熱中症になりやすい犬種がいるんです!

  • 短頭で鼻の距離が短い犬
  • 寒い地方原産の犬、または厚い被毛に覆われている犬
  • 肥満気味の犬
  • 子犬や老犬

短頭で鼻の距離が短い犬

パグ、ボストンテリア、ブルドッグ、シーズー、ペキニーズなどの短頭種の犬、いわゆる「鼻の長さが短い鼻ペチャの犬」は、鼻から気管にかけての気道の構造が狭くなりやすいという特徴があります。そのためスムーズな呼吸がしづらく、熱中症になりやすい傾向があります。

寒い地方原産の犬、または厚い被毛に覆われている犬

シベリアン・ハスキー、ボルゾイ、グレートピレニーズ、シェットランド・シープドッグなどの、寒い地方原産の犬や厚い被毛を持つ犬はもともと寒さに耐えるためにモフモフとした毛皮であることが多く、日本の夏の暑さに順応できず熱中症になりやすい傾向があります。

肥満気味の犬

皮下脂肪が断熱材となって熱がこもりやすくなり、さらに首まわりの脂肪が気管を圧迫してしまい呼吸機能が低下して体温調節が難しくなるため、熱中症になりやすい傾向があります。

子犬や老犬

体の生理機能が未発達な子犬や、体の生理機能が衰えている老犬は、上手く体温調節ができないため熱中症にかかりやすい傾向があります。

メダカと暮らす人
メダカと暮らす人

当てはまるワンちゃんを飼っている人はよりいっそう注意が必要ですね!

では次は熱中症の症状について詳しく見ていこうと思います!

犬の熱中症の症状

犬の熱中症の初期症状

  • ハアハアと荒い呼吸をしている(※パンティング)
  • 目が充血している
  • ウロウロとして落ち着きがない
  • ヨダレが多い
  • 自分で水を飲みに行かない、ご飯を食べない
  • ボーッとしている、ぐったりしている
  • 足元がフラフラしている
  • 心拍数がいつもより高い
  • 体温が40℃以上に上がる

舌をだしてハーハーと呼吸すること

熱中症の恐ろしさ

熱中症の恐ろしいところは、時間が経つほど悪化していき、最悪の場合命を落とす危険があることです。さらに、対処が遅れると内臓や脳の機能障害などの後遺症につながってしまいます。

また、もしすぐに回復したとしても、数日後に体の機能障害が出ることもあります。飼い主さんが軽度の熱中症だと判断してしまい、適切な処置や治療がされなかった場合、大変危険です。熱中症の症状がみられたら、獣医師に相談することをおすすめします。

メダカと暮らす人
メダカと暮らす人

じゃあ夏は散歩しない方がいいの?

そんなことはありません!ワンちゃんにとって散歩はとても重要なことなんです!

犬の散歩の重要性

ではさっそく、散歩をしないとどうなってしまうのか見ていきましょう!

  • 運動不足になる
  • ストレスが溜まる
  • 内気な性格になる
  • 社会性が身につかない

運動不足

毎日適度な運動をしないと運動不足になってしまい、肥満体型になってしまったり、様々な病気になってしまう可能性があります。

ストレス

散歩は犬にとってリフレッシュできる時間であり、ストレス発散になります。しかし散歩を怠ってしまうと、犬の唯一のストレス発散方法が無くなってしまい、犬にストレスが溜まってしまいます。

内気な性格になる

散歩は犬にとって、他の犬と触れあったり、飼い主とコミュニケーションをとる機会です。散歩をすることによって、明るく社交的な性格になるとも言われています。しかし散歩を怠ってしまうと、コミュニケーションをとる機会がなく、内気な性格になり、自分のからに閉じこもってしまい、元気よく遊ぶ姿を見ることもできなくなってしまう可能性があります。

社会生が身につかない

散歩は犬にとって社会性を学ぶことのできる唯一の機会です。社会性が身につかなければ、飼い主の言うことに従わなかったり、他の犬に吠えてしまったりと、非常識な行動ばかり行うようになってしまう可能性があります。

ワンちゃんにとって散歩がいかに大切なことなのかがわかりましたね!しっかり対策してあげて楽しい散歩にしてあげましょう!

ではさっそく、散歩の時にできる熱中症対策を見て行きましょう!

散歩の熱中症対策

  • 散歩や外出は涼しい時間帯を選ぶ
  • 犬の飲み物を持ち歩く
  • 熱中症対策グッズを使う

散歩や外出は涼しい時間帯を選ぶ

夏の散歩でもっとも気をつけないといけないのは時間帯です!夏は早朝と夜に散歩をするようにしましょう。昼間は1番日差しが強く気温が高いです。アスファルトからの照り返しによって、肉球が火傷をしてしまうかもしれません!昼間の散歩は極力やめましょう!

犬の飲み物を持ち歩く

散歩する時は熱中症を予防するために、水分補給のための犬用の飲み水を持ち歩くようにしましょう。そして、こまめに水分を飲ませてあげてください。万が一熱中症になってしまった時に応急処置で犬の体に水をかけるのにも役立ちます

熱中症対策グッズを使う

熱中症対策グッズを使うことで、脱水や熱中症、夏バテのリスクを下げることができます。 夏の暑い季節に愛犬と外出する時は、熱中症対策グッズを活用しましょう!

次は熱中症対策グッズを紹介していこうと思います!

オススメ熱中症対策グッズ

クールネック

商品について

  • 熱中症対策に効果的
  • サイズが豊富
  • 肩や背中にも使用可能
  • 洗濯が可能
  • 色落ちしない
商品について

熱中症対策に効果的

犬は汗腺が少なく、熱を放出することができないため、熱中症にかかりやすいです。夏の暑い日や長時間の外出時など、愛犬の健康を守るために「クールネック」を使用することをおすすめします。

サイズが豊富

小型犬から大型犬まで、様々なサイズが用意されているので、愛犬にぴったりのサイズを選ぶことができます。

肩や背中にも使用可能

クールネックは首だけでなく、肩や背中にも使用することができます。愛犬の体温を一気に下げることができるので、より効果的な熱中症対策ができます。

洗濯が可能

使用後は手洗いや洗濯機で簡単に洗えるため、清潔に保つことができます。

色落ちしない

クールネックは、色落ちしにくい素材を使用しています。洗濯や水洗いをしても色あせる心配がありません。長期間美しく使うことができます。

幅が広く、首回りをしっかり冷やして体温を下げることができるので、夏の散歩にピッタリだと思います!洗濯機で洗えるところも衛生的でいいと思いました!

最後に

犬の熱中症は、重症化すると命を落としてしまう可能性があります!散歩中にはしっかりと熱中症対策をしてあげて、ワンちゃんにとって楽しい時間にしてあげてください!

スポンサーリンク
ABOUT ME
メダカと暮らす人
メダカと暮らす人
名前の通りメダカと暮らしている人です
小学生の時にメダカが家に来てから、ずっと一緒に生活して来ました。今ではもういて当たり前の家族のような存在です。とにかく長生きしてほしい!と思っています。きっと、動物と一緒に生活している人は同じ気持ちになったことがあると思います。そこで、人生を共にする家族同然のすべてのペットの為に何か情報をお届けしたいと思い、今はペットのケア商品やフードなどの知識を勉強しています。
記事URLをコピーしました